気になること

NHK大河ドラマ「いだてん」第8話あらすじ「敵は幾万」四三・弥彦いざストックホルムへ!ネタバレに注意!


スポンサーリンク

とうとう金栗四三(かなくりしそう・中村勘九郎さん)、そして三島弥彦(生田斗真さん)の二人は日本にとって初参加となるストックホルムオリンピックの代表選手として正式登録されました。
そして四三が悩みに悩んでいた、渡航費問題を解決すべく、熊本の兄実次(中村獅童さん)が、大金を持って東京にやってきたのです!

四三の渡航費

四三は、大金を持って現れた、兄実次を寄宿舎の食堂に招き入れ、どのようにお金を工面したのかを尋ねます。

実次は経緯を話し始めました。

春野医師の所に、父親が大事にしていた魔除けの刀を買ってほしいと頼みに行った時、春野スヤ(綾瀬はるかさん)が、自分が嫁ぐ池部家に頼みに行こうと連れて行ってくれました。
そして、スヤの婚約者の池部重行(高橋洋さん)に、四三が日本の代表としてオリンピックに出場する事になった事、アマチュアの競技会であるため、国からの援助が出ないが、田畑を売ってでも渡航費を用立てて、四三をオリンピックに行かせたいと、話したのです。

そこに、重行の母である池部幾江(大竹しのぶさん)が現れ、「それは、どぎゃんしても行かないかんとですか?」と聞くのです。
幾江には、そのオリンピックというものに弟を行かせるために、田畑まで売ってでもお金を工面したいという気持ちが全く理解できなかったのです。

実次は、10里(約40キロ)を走った者のみが見ることの出来る景色を、弟四三に見せてやりたいのだと熱弁をふるいます。

すると、池部幾江が、素晴らしい提案を持ちかけてくれたのです。
金栗家の田畑を、池部家が千八百円で買い、それを無料で貸してくれるというのです。
そうすれば、金栗家は今まで通りの生活を続けることが出来るのですから、こんなに有難い提案はありませんでした。

驚きと感激とで頭を下げ続ける実次に、幾江はこう言うのでした。
「ああたを信用したわけじゃなか!スヤさんばい。この人の頼みとあれば聞かなきゃいかん」

池部家の他に、春野医師や、四三が卒業した玉名中学の校長先生からも餞別を受け取ってきていました。

実次の話に涙を流しながら、その大切なお金を受け取ろうとした時、東京高等師範学校の仲間たちがやってきました。

それは、徒歩部(陸上部)の仲間である橋本三郎(高橋周平さん)、後輩の野口源三郎(永山絢斗さん)、柔道の徳三宝(とくさんぽう・、阿見201さん)、四三と同じ熊本出身の福田源蔵(嶺豪一さん)らでした。
彼らは、四三をストックホルムに行かせるために、後援会を作り、日本全国の師範学校に声をかけ、千五百円もの大金の寄付を集めたというのです。

嬉しい悲鳴でもありますが、この集まりすぎてしまったお金をどうするべきかという事になります。
実次としては、田畑まで売って集めた金だから持っては帰れないと言いますし、福田源蔵としては、誰が幾ら出したかも分からないと言います。

そして結果的に福田からの提案で、実次が三百円を寄付し、残りは持って帰るという事で話がまとまりました。

こうして無事に四三の渡航費問題は解決し、周りから思わず拍手が湧き出ました。
感動に打ち震える四三は、「ありがとうございます!精一杯走ってきます!」と礼を言うのでした。

翌日、四三と美川(勝地涼さん)は、実次を熊本へ帰る前に浅草見物に連れて行きます。

浅草凌雲閣に上り、展望台から東京の街を見下ろしながら、四三は不安を口にします。
ストックホルムまでは片道8200キロメートルもあり、片道20日間もかかるという遠い異国で、言葉も文化も全く違う所に行く事になってしまった自分は、生きて帰ってこれるのだろうかと弱気になっていたのでした。

そんな四三を実次は叱り飛ばします。
今更弱音など吐くな、お前が行かないと後が続かない、お前がそんなに弱虫なら100年後の韋駄天も弱虫だと叱咤するのです。

そして優しく、「心配するな、母ちゃんも俺も皆、無事を祈っとるたい」と四三に言うのでした。

凌雲閣を出ると、遊女の小梅(橋本愛さん)が実次に、客引きの声をかけてきます。
実次の横に美川がいるのを見ると、小梅は人混みの中に消えてしまい、それを美川は追いかけて行き、四三と実次は二人になります。

実次と二人きりになると、四三は、池部家の事を尋ね、池部家は春野スヤの嫁ぎ先である事を再確認するのです。
熊本に戻ったらすぐにスヤの祝言だと言う言葉を聞く四三・・・。

東京で四三に会ったらくれぐれもよろしくと言っていたと言う話を聞きつつ、浅草の停留所に到着します。
見送りはここまででいいと、実次は言い、市電に乗り込んでいくのでした。

一方、播磨屋の店主黒坂辛作(ピエール瀧さん)は、ストックホルムオリンピックのために、改良版の足袋を五足作ってくれていました。
つま先と踵だけ三枚重ねにしたので、丈夫で軽いというのです。

そして足袋だけでなく、四三のユニフォームまで用意してくれた辛作の、一見ぶっきらぼうながらの優しさに、有難さをかみしめる四三なのでした。

オリンピックに向けての壮行会

ストックホルム出発を二日後に控え、東京高等師範学校の寄宿舎では四三の壮行会が開かれました。
校長でもあり、日本のオリンピック初参加の立役者でもある嘉納治五郎(役所広司さん)も、壮行会に出席し、四三の渡航費捻出のために奔走した四三の友人たちに礼を述べます。

その一方、もう一人のオリンピック代表選手である三島弥彦は、グラウンドで、天狗倶楽部の仲間達とともにトレーニングに励んでいました。

帰宅した弥彦は女中のシマ(杉咲花さん)に呼び止められます。
「坊っちゃま、奥様にはいつお話しされるつもりですか?」

弥彦は、まだ家族に、ストックホルムオリンピックに参加するという事を話していなかったのです。
母である三島和歌子(白石加代子さん)は、弥彦がオリンピックに出場するのなら、親子の縁を切るとまで言っていたので、シマは大変心配していたのです。
しかし、弥彦は、話しても話さなくても結果は同じと言い捨てて、自分の部屋に戻るのでした。

その頃、四三は、壮行会の締めの挨拶をしていました。
四三が、根っからの音痴だという事を知っている友人が、からかって歌えと言うと、周囲もどっと笑います。

「音痴ば克服せんと、あるひとの教えてくれた歌を、気分が良かけん歌います!」
と春野スヤが教えてくれた自転車節を歌うのでした。

「会いたかばってん 会われんたい・・・・♪♪♪」

その日、熊本ではスヤの祝言が行われていたのでした。

ストックホルムへ出発

1912年(明治45年)5月16日、ストックホルムへ出発する日は快晴でした。

四三は、洋行用に仕立てた洋服に身を包み、大勢の見送りの行列とともに新橋駅に到着します。

新橋駅前広場は、黒山の人だかりになっていました。

続いて日本選手団監督である大森兵蔵(竹野内豊さん)と通訳として同行する妻の安仁子(シャーロット・ケイト・フォックスさん)、そして嘉納治五郎も到着します。
最後に、三島家の高級車に乗った三島弥彦が到着し、女性たちの黄色い声援を浴びます。

一等寝台車に乗り込む四三達に、ホームに押しかけた大勢の人たちが日の丸の旗を振理、万歳の声をかけていました。

そんな中を、三島家の女中であるシマが、人波をかき分けてやってきます。
弥彦の母三島和歌子と兄三島弥太郎(小澤征悦さん)を連れて来たのでした。

兄弥太郎が弥彦に「母上にきちんと挨拶せんか!」と促すと、弥彦は「母上!弥彦は精一杯戦ってきます!」と叫びます。

和歌子は「当たりまえじゃ、おまんさぁは三島家の誇りなんだから」と言いながら、窓越しに風呂敷包みを弥彦に渡します。
風呂敷の中には、和歌子自ら日章旗を縫い付けた純白のユニフォームが入っていたのでした。

その後、弥彦と四三は、列車の中で、記者達の取材を受けます。
余裕を持って堂々と受け答えをする弥彦とは正反対に、四三は緊張で硬くなり、「はい」という返事を繰り返すばかりでした。

取材後に、四三は、列車に、野口、橋本、可児達がいることに気づきます。
野口たちは、新橋駅では人が多すぎてろくに見送りも挨拶もできなかったので思わず列車に乗り込んだのだと言います。

仲間の見送りに喜ぶ四三でしたが、ふと嘉納治五郎の姿が見えない事に気づきます。



「嘉納先生は、どちらに乗っておられますか?」

「乗っていないよ」という可児の答えに四三は仰天するのでした。

<関連記事>
NHK大河ドラマ「いだてん」金栗四三 日本マラソンの発展に賭けたその生涯を解説 ネタバレに注意!
2019年NHK大河ドラマ「いだてん」第1話あらすじご紹介!ネダバレにはご注意!
NHK大河ドラマ「いだてん」第2話あらすじ 金栗四三の人生が今走り出す!ネタバレには注意
NHK大河ドラマ「いだてん」第3話あらすじ 金栗四三いよいよ上京!冒険世界が始まる!ネタバレにご注意!
NHK大河ドラマ「いだてん」第4話あらすじ「小便小僧」四三のマラソン人生始まる!オリンピック予選に向けての道のり
NHK大河ドラマ「いだてん」第5話「雨ニモマケズ」あらすじネタバレにご注意!日本初のオリンピック予選で勝負!
NHK大河ドラマ「いだてん」第6話「お江戸日本橋」あらすじネタバレにご注意!日本初のオリンピック参加に向けて始動!
NHK大河ドラマ「いだてん」第7話「おかしな二人」あらすじ いざオリンピック出発に向けて!ネタバレに注意!
NHK大河ドラマ「いだてん」第9話「さらばシベリア鉄道」あらすじ 旅路だけでも山あり谷あり!ネタバレに注意!
NHK大河ドラマいだてん第10話「真夏の夜の夢」あらすじ 現地での練習そして挫折 ネタバレに注意!
NHK大河ドラマ「いだてん」第11話「百年の孤独」あらすじ 世界の壁は厚い 迫り来るプレッシャーとの戦い ネタバレに注意!
NHK大河ドラマいだてん第12話「太陽がいっぱい」いよいよマラソン競技当日!金栗四三の走りはいかに?!ネタバレ注意!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でRimiをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 2019年NHK大河ドラマ「いだてん」第1話あらすじご紹介!ネダ…
  2. NHK朝ドラ「まんぷく」瀬戸康史さんはアイドル顔の九州男児!多彩…
  3. 最年少エースアタッカー黒後愛選手・東京オリンピックに向けて始動!…
  4. SKYキャッスル 2019年初旬韓国で一大シンドロームを巻き起こ…
  5. 2019全豪オープン決勝・世界ランキング1位をかけた戦い!大坂な…
  6. クライマー伊藤ふたば選手”史上最年少女王”その強さの秘密
  7. NHK大河ドラマ「いだてん」第7話「おかしな二人」あらすじ いざ…
  8. JAXAが開発中の小型超音速旅客機・ハワイまで3時間も夢でなくな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP